teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ありがとうございます

 投稿者:科学者  投稿日:2018年 8月25日(土)16時40分12秒
  お返事、ありがとうございます。
現在、作って1日経過しておりますが、全く変化は見られません。もう少し待ってみたいと思います。
水や酸素、鉄粉の量に間違いはないでしょうか?酸素は一缶(5L)入れました。
 
 

鉄鉱床の実験

 投稿者:kiwamu  投稿日:2018年 8月25日(土)08時24分59秒
  科学者さん、サイトをご覧いただきありがとうございます。実験のことですが、画像の赤いものは数日経ったものなので、すぐにあのように真っ赤になるわけではありません。でも、表面はすぐに赤茶色になると思います。そのまま実験室に置いておいて、違いを見せるといいと思います。  

突然すみません

 投稿者:科学者  投稿日:2018年 8月25日(土)01時20分36秒
  大阪府で高校教員をしている者です。
縞状鉄鋼層を考えるという実験がうまくいきません。
水道水を500mLのペットボトルに450mL程度入れて、酸素をブクブクさせて、溶かしています。
そこに薬さじで2~3杯の鉄粉を入れていますが、赤く変化しません。
アドバイスをよろしくお願いします。
 

今年も

 投稿者:KIWAMU(管理人)  投稿日:2018年 3月28日(水)21時49分50秒
  昨年に引き続き,5月19日に紀伊國屋で東海大学公開講座「石って面白い2」をやることになりました.昨年の講座が好評だったということで,またやります.ありがたいことですね.話したいことが多くて困っていますが,またあの場所で簡単な実験や実習を体験していただこうかと思っています.水と火が使えないのでかなり制約が大きいんですけどね.退屈はしないと思いますので,お時間がありましたらぜひ.  

新聞投稿

 投稿者:Kiwamu(管理人)  投稿日:2017年 7月 8日(土)22時19分6秒
  連続で北海道新聞に載りました。「読者の声」で化石をテーマで投稿を募集していたので出してみたところすぐに掲載していただきました。私と化石との出会いの話です。幼い頃に友人の岡田和哉くんがくれたひとつの木の化石が私をここまで導いてくれたのだと考えると,不思議な感じがします。  

新聞に

 投稿者:Kiwamu(管理人)  投稿日:2017年 6月17日(土)09時02分59秒
  今朝,北海道新聞を見てびっくり。先日の紀伊國屋の公開講座の記事がカラーでバッチリと。記事になるのは知っていましたが,あんなにデカデカと出るとは思いませんでした。ちょっといい記念になります。  

士別巡検

 投稿者:Kiwamu(管理人)  投稿日:2017年 6月15日(木)21時01分49秒
  7月1日(土)に,博物館主催の士別地質巡検をやります。今年は,「北海道の石」に関連した巡検を計画しており,かんらん岩,アンモナイト,砂白金の出る場所を見に行きます。とはいえ,アンモナイトと砂白金はほとんど期待できませんが。なにせ地質学会選定の「北海道の石3種」がすべてあるのは士別だけ?と思われますので,それだけでも大変なこと。事前に℡0165-22-3320にお申し込みくださいね。  

講座修了

 投稿者:Kiwamu(管理人)  投稿日:2017年 6月 4日(日)14時10分40秒
  紀伊國屋で講座をやりました。それなりに席はほぼ埋まっていて,良かったです。90分ほど話をしました。石英の圧電効果,ルビーの発光,札幌軟石の断熱効果,ダイヤモンドの成因の話を,いくつかの実験体験をおりまぜながら。イントロで士別の砂白金の話もしてきました。これから士別博物館に小さな「北海道の石(日本地質学会選定)」のコーナーを作成する予定。  

紀伊國屋で公開講座

 投稿者:Kiwamu(管理人)  投稿日:2017年 5月10日(水)21時57分41秒
  6月3日(土)に,札幌駅前の紀伊國屋書店で,公開講座「石って面白い」というのををやりますのでよろしければおいでください。事前電話申し込み制となっていますが,当日来ていただければOKです。石の面白さの一端でも触れていただければ。石なんて・・・という方にも楽しんでいただけるようにお話ししたいと思います。士別の砂白金も持ち込みます(博物館から借りたもの)。「北海道の鉱物」に選定されたものですよ。簡単な実験や,実験の動画もお見せします。ぜひ。

チラシは以下のURLで(pdf)。
http://www.geocities.jp/geo_shibetsu/data/chirashi20170603.pdf
 

新学期

 投稿者:Kiwamu(管理人)  投稿日:2017年 4月17日(月)21時50分10秒
  新学期が始まり,授業も始まりました! 今年の理科教員をめざす「理科チーム」もいいメンバーです。昨年2名しか選択者がいなかった「理科教育法特論」も,12名ほどが選択してくれています(まだ未確定)。いや~,ありがたいですね。日々,幸せを感じています。がんばるぞ!  

1年

 投稿者:Kiwamu(管理人)  投稿日:2017年 3月27日(月)22時21分12秒
  東海大学に来て1年が経ちました。もう1年なのか~って感じです。いろいろやったような気もするのですが,じゃぁ何を?って聞かれたら,いや,何も・・・。2年目以降の土台作りだったような。年齢が年齢なので,そんなにゆっくりはしてられないんですが,それも必要なことですよね。さぁ,2年目からは研究活動をガッツリやるぞ!やりたいことがたまってきてしまった。  

イナゾーファーム

 投稿者:Kiwamu(管理人)  投稿日:2017年 2月 8日(水)22時59分22秒
  士別高校の教え子のT君が,北大大学院を出た後,士別に戻ってイナゾーファームを経営している。絶品トマトなど,マスコミも注目の農作物を栽培しているが,未来を見据えた新しい農業のあり方を模索している様子。実に嬉しい。最近連絡を取っていて,士別の土壌についてディスカッション中。力になれたらいいけど。イナゾーファーム,ネット通販もやっているようだ。高品質の農作物に注目だぞ!  

士別サイエンスフェスティバル

 投稿者:KIWAMU  投稿日:2017年 1月 3日(火)13時58分54秒
  アナウンスを忘れていました。1月9日(月)の13:00~16:00、士別駅前のいぶきにて、第3回士別サイエンスフェスティバルを開催します。15ほどの体験ブースを出して、楽しくサイエンスをやりますので、年齢を問わずおいでいただければと思います。入場無料、事前申し込み不要です。お待ちしています。  

今年も

 投稿者:KIWAMU  投稿日:2017年 1月 1日(日)16時45分21秒
  2017年になりました。喪中ですので「おめでとう」は控えます。今年も「士別の地質」をよろしくお願いします。近年はほとんど更新できず、訪問者も激減しているようです。今後はもっと精力的に更新して、また魅力あるサイトにしていきたいと思っています。  

友人が

 投稿者:KIWAMU  投稿日:2016年12月31日(土)11時10分28秒
  当サイト「士別の地質」を応援してくれていた学生時代の友人のK君が亡くなりました。残念です。まだ57歳だというのに。彼はときどきこのサイトを見てくれていて、何年か前の年末近くに「どんなに忙しくても1年に1回は必ず更新していたこのサイトを、今年は更新しないのか」というメールをもらったことがあります。確かに忙しさもあり、更新していないことに気づいてあわてて更新し、年に一度は更新という地味ながら大切な約束がそこでできたのです。先日12月23日、ふとサイトのことを思い出し、今年はまだ更新していないことに気づきました。「おっと危ない。K君との約束をやぶってしまうところだった。」と思い、更新しました。そして数日後、その12月23日にK君が亡くなったことを知りました。あの日、きっとK君が私のところに来たのでしょう。「更新してないぞ」と言いに。  

掲示板って

 投稿者:KIWAMU  投稿日:2016年12月23日(金)17時21分45秒
  前にもつぶやいたと思うんだけど、「掲示板」って、古いよね。ブログにしようかなぁ。でも以前やってたブログもやめちゃったしな。ツイッターもやめちゃったしな。FaceBookも仲間内の空間しか使ってないしな。でも発信力を高めたい気もするし。  

HPの更新

 投稿者:KIWAMU  投稿日:2016年12月23日(金)11時12分39秒
  1年以上ほったらかしにしていたWebサイト「士別の地質」をやっとわずかに更新しました。ちょっとここのところHPに対するモチベーションが低下していたのですが、発信する情報はまだまだたくさんあり、少しずつ更新を再開しようと思っています。士別の地質は私のライフワークとしてやっていますが、いよいよ大学教員となったので、これもりっぱな「仕事」かと。  

もう冬か

 投稿者:KIWAMU  投稿日:2016年12月 2日(金)21時44分57秒
  気がついたら12月になってしまいました。北海道はもう真冬の景色です。先月、父が亡くなり頭がぼんやりした状態でしたが、学生には勇気づけられています。東海大学、いいですね。ウチの学生は気持ちが優しい学生が多いです。いい講義をせねば。  

元気が出る

 投稿者:KIWAMU  投稿日:2016年 5月13日(金)22時20分18秒
  春から体調がイマイチの状態が続いていますが、大学で講義後に学生が「おもしろかったです」とか、「90分があっという間に感じました」なんて言ってもらうと、本当にもううれしいなんてもんじゃないっす。今日は2つの講義(ウチの大学では授業という)でそんな反応があって、元気が出ました。逆に学生達に感謝したい。  

宇宙とか

 投稿者:KIWAMU  投稿日:2016年 4月22日(金)23時19分31秒
   私の本当の専門は理科教育と地質学ですが、大学では天文や気象の講義も担当しています。ここは高校で地学(地質、地球物理、気象、天文、自然災害、地球環境)を総合的にやっていたところが生かされています。なんにせよ「どう伝えるか、どう表現するか」ということがうまくできなきゃプロではないなと思っています。・・・なんて行政っぽい言い方かな。
 ま、今に学生がこの場所を見つければ、いろいろな議論が広がっていって楽しい世界になっていけばと思っています。今日は食いついてくれたかなという学生がいて、元気が出ました。
・・・・・でも、今のSNSのいろいろな暗闇の話を聞くと嫌な感じがしますよね。
 

レンタル掲示板
/16