teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 萩スコップ(13)
  2. 2013年1月14日(月・祝)スーパーフリーマーケットINヤフードーム(30)
  3. 山下第二小にお花をおくりませんか?(14)
  4. dogwoodフリマ(45)
  5. スコップ団の軌跡パネル展(88)
  6. チャリティーフラフェスティバル(19)
  7. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


九州豪雨災害スコップ

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 8月 6日(日)14時09分14秒
返信・引用
  8月5日の報告です。

スコ九4人と息子さんの少人数でしたが、

・台風対策の土嚢つみ&雨戸が閉まるようにする
・床下の泥だし
・家の周りの泥だし

をしました。

お父さんが熱が出てドクターストップということで…。
心配だけど。でも、それくらいにならないと休みきれないのかなぁとも思って。
ゆっくり休んで元気を取り戻してほしいです。

重機の力で、「道路」が出てきてました!
豪雨から1ヶ月。
ようやく「進んでる」感じがしました。

6日は台風の影響でボラセンも休みなので、活動自体もお休みします。

台風の被害がどこも最小限でありますように…。
 
 

九州豪雨災害スコップ

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 8月 6日(日)14時07分19秒
返信・引用
  7/29(土),30(日)の報告です。

両日とも、杷木町林田地区のお宅へ。

先週のお父さんの気持ちとしては、「もう住めない」ということでしたが。
今週は、まだわからないけど「住めるかもしれない」という気持ちに動いているようでした。
息子さんは「二転三転してすみません」と言われてましたが、大きな決断だし、お父さんたちは休む間もなく片づけている最中だし、迷って当たり前だと思います。
今後も、お気持ちは変わるかもしれないけど、その時々でできることをしていきます。
30日は、お父さんお母さんの留守中にスコ九メンバーがボラセンから来た方たちへの対応を任されました。
そうやって頼って頂けるの、とてもありがたいです。
身内に頼む感覚で、どんどん言って頂けたら良いなぁと願います。


29(土)
スコ九メンバーとその友人の計9名。
・倉庫の床下の土砂出しと仕上げ
・倉庫周りの土砂出しと土嚢積み

床下の泥は水分が多くてとても重く、スコップでは出せないので、手で掘ってテミにいれて外に運ぶという方法で出しました。
倉庫周りは日がガンガンに当たる中、男性陣が行いました。
掘りながらの土嚢つくりは本当に大変そうで、人数がいれば土嚢作る人と掘る人で別れられたのですが…。


30(日)は井上は行ってませんので仲間からの報告を。スコ九メンバー3人。
*****
3つの作業を。午前中は、近所の知り合いのおじちゃんと共に。
1.倉庫のべちゃべちゃになってる表面の泥をすくい出すこと
2.土嚢を作って倉庫入り口に並べること
(一輪車通るくらいの幅を開けて、その分の予備の土嚢を作って、いつでも全部塞げるようにする)
3.お座敷の床下の泥だし

午後からボランティアさん10名が、ピアノのあった部屋の泥だしをしてくれました。
泥で雨戸が閉まらなくなっていたり、縁側のすぐ横に泥が積み上げてあったり、やるせないこともあったけれど、お父さんが少し元気に見えたことが嬉しく感じられました。

掘りごたつのあった部屋を見ながらの「ここでよう飲みよったぁ~」という言葉や、近所のおじちゃんとされていた、行方不明の方たちの話や。
まだまだまだだろうけれど、できることを少しずつ。
*****
 

九州豪雨災害スコップ

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 8月 6日(日)14時06分6秒
返信・引用
  7/22、23の報告を。
引き続き、杷木林田地区のお宅へ。

前回、倉庫床上の土砂を8割くらい出したところで終了しました。
お宅について驚いたのが、前回は全く手つかずだった家の土砂が、床上はほぼ出されてたこと。
平日、ボランティアセンターから7~8人が来て、毎日少しずつ土砂を出してくれたそうです。
倉庫床上についても土砂出しが終了していたので、朝倉のボラセンで借りた高圧洗浄機を使って、壁と床をキレイにしました。
「まだまだ使えそうな気になるねぇ」とお母さん。
実際は、床下にも土砂が入っているので床板をはがして土砂出しをしないといけないのですが、そう思ってもらえただけでも。
手前の倉庫にも大量の土砂が流れ込んでいたのですが、こちらはユンボの力でほとんど出されていました。細かいところに入り込んだのを手掘りで仕上げました。

午後からは、10数畳はある部屋の床下の土砂を出していきました。
が、全てを出すことはできませんでした。

次の日は、ボランティアセンターから10数名来く予定だったので、
床下の土砂がほとんど出ている部屋の仕上げと、終わらなかった部屋の土砂出しの予定でした。

お宅に着いて、仕上げの土砂出しをしているとお父さんが来られました。
昨日大工さんに家をみてもらったとのこと。で…。
もう、そこの土砂を出さなくていいと…。
「壊す時、土砂が入ったままで良いって言われたから。」と。
前日まで、元の川の位置だと怖いけど、後ろに川を作るなら住めるかな、と話されてたんですが。
「5年前に、50年に一度の水害だって言ってたのに、今回これじゃぁ怖くて住めないよ。」と。
何も言えませんでした。

でも、息子さんは、床下の泥出しをするために床板をはがしてたり、お母さんはここに住む風なことを言っていたりで。
ご家族で思いが違うようでした。

被害に遭われてから息つく間もなく家の片づけやお隣の方の葬儀や被害の申請や。
ずっと体も心も砕いてこられています。
いったん、ゆっくりして頂いて。
今後のことをご家族でお話しされるのが良いかと思いました。

たとえ壊すにしても、キレイに土砂を出したいと思われるのであれば手伝うし、家財を移動させたいのであれば手伝うし。
ご家族で話された後に、なんでも手伝いたいと思います。

この日は、雨戸が閉まるようにして、犬走りが見えるように家の周りの土砂をかきあげました。
ボラセンから来た方たちが倉庫の床をはいで、床下の土砂出しをしていました。こちらはまだ終わってないようです。

ボランティアセンターでも、たくさんのニーズがあります。
できることをぜひ。
 

九州豪雨災害スコップ

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 8月 6日(日)14時05分5秒
返信・引用
  7月14日
ひこさんが朝倉市のボランティアセンターへ。
報告をコピペで。

*********
昨日のボランティアの様子をご報告。
7時にはボラセンに到着してしまい、ほぼ一番乗り状態。

早めに受付開始してくれるかと思ったけど、時間通り9時から受付開始。
早めにマッチングもできたので、386号線から一本道を入った朝倉のお宅へ。
近くの小川が氾濫し、一階の泥出し、畳上げ。
こんなに泥があがったお宅は初めてかもしれなあ。
床の間の上の方まで泥が入り込んでる。
床下は50㎝以上泥が入ってて、その泥出しまでは出来なかった。
川に近い2部屋は木屑が混じった泥があがり、家財も巻き込んで、なかなかスコップが入らず苦戦。
小さめのケンスコが役立ちそう。
これも途中で時間切れ。

年配ご夫婦は2階に避難して助かったけれど、お母さんの車が流されたそう。

11人でやっていたが、人数が足りないので、9人増員してもらった。
電気、水道なく、炎天下での活動はやっぱり大変!
気合い入れていきましょー!
**********
 

九州豪雨災害スコップ

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 8月 6日(日)14時03分32秒
返信・引用
  水害のこと、震災のこと。
思い出してしまうかもしれないので、お気をつけ下さいませ。

7月16、17の報告を。
両日、朝倉市杷木林田地区にお手伝いに行きました。
スコ九メンバーの同僚のご親戚のお宅へ。
お隣のお家の方が3名行方不明となり、ようやく15日におばあさんの身元が判明したという地域です。

親戚の方のご自宅も倉庫も土砂で詰まっています。
避難所から戻ったら、今まで見てきた風景とは一変。
家の前にあった川は土砂と流木で埋まりその影もなくなり。家の後ろの道路が川になっていて。
「まだ、信じられない」とお母さん。

70cmと聞かされていた土砂はその倍くらいはありました。
今までに何度か水害のところにお手伝いに行きました。
そこでは、“ここまで水が来たライン”と“土砂が入ってるところ”に大きな差がありました。
しかし今回はそのラインがほぼ同じなのです。
それくらいに大量の土砂が入っている。
しかも、木や色んな物が混ざり合ってので、ただ泥だけをすくうよりも力が必要です。
倉庫の中にある、ベッドやオルガン。本棚やギター。その中にまで入った泥をかき出しつつ、全体の泥を減らしていきます。

両日で合わせて22名でお手伝いしましたが、フローリングが所々見えるようになったものの、1部屋もキレイにすることが出来ませんでした。

倉庫があと1部屋と。
お宅の泥を出して欲しいとのこと。
こちらの方が、たくさんの泥が入っていました。

スコップ団九州としては、こちらのお宅に通うことにします。

ボランティアセンターでは多くの方が押し寄せても、マッチング出来るくらいのボランティアを必要としています。
今回、とても局地的に、今まで以上の被害が出ているという印象です。

熊本もまだ手を必要としている人がいます。
新たに災害が起こると、そちらにばかり気を取られてしまいます。
だけど、今回の水害も、去年の地震も東日本大震災も、各地で起こった水害も。
年単位の支援が必要だということ。
忘れずに。
何度も起こる災害に、無力さしか感じないけど。
できる人が。できることを。できるだけ。
各々の心と頭で考えて。最善の行動を。
 

九州豪雨災害スコップ

 投稿者:こじ  投稿日:2017年 8月 6日(日)14時00分8秒
返信・引用
  スコップ団の皆様へ

現在、スコップ団九州では、モーリーの同僚の親戚のお宅へお邪魔しております。

これまでの報告をあげていきます。
今後も雨が降る度に、台風が来る度に心配は尽きませんが。
くれぐれもケガや事故のないよう、気をつけて行きましょう。
直接参加できなくても、みんながいてくれるだけで心強いです。
無事を祈ってて下さいませ。

もし、困っている方が近くにいらっしゃったら、お声をかけ下さいね。

福岡組は、基山で集合してそこから杷木インターで降りてお宅に向かっています。
当初は渋滞していたインター出口も今はスムーズです。

台風の被害が最小限でありますように。
 

熊本大分地震スコップ

 投稿者:こじ  投稿日:2016年 5月20日(金)14時03分50秒
返信・引用 編集済
  5月22日(日)活動予定
熊本市ボランティアセンターへ。
参加者:梶原夫妻、あびるさん、森山先生、こじ
 

熊本大分地震スコップ

 投稿者:こじ  投稿日:2016年 5月13日(金)10時22分53秒
返信・引用
  5月15日(日)活動予定
熊本市西区
NPO法人がんばりよるよ星野村のマッチングしたお宅へ。
・家の中の片付け
・落ちた瓦の撤去
参加者:のんちゃん、森山先生、石松ちゃん(ニイゴちゃんの後輩)、こじ
 

熊本大分地震スコップ

 投稿者:こじ  投稿日:2016年 5月 7日(土)11時08分40秒
返信・引用 編集済
  スコップ団の皆様へ

現在、スコップ団九州では、がんばりよるよ星野村さんがマッチングしたお宅や、ひこさんの友達のお宅およびその近隣のお宅へお邪魔しております。

下記、ご報告および8日の予定です。
今後も余震が続く中の活動になると思います。
くれぐれもケガや事故のないよう、気をつけて行きましょう。
直接参加できなくても、みんながいてくれるだけで心強いです。
無事を祈ってて下さいませ。

もし、困っている方が近くにいらっしゃったら、お声をかけ下さいね。

熊本へのルートは、道の駅たちばなで集合し、下道を通って市内に入っています。
道の駅たちばなから西区まで1時間半、南区まで2時間弱といった感じです。

2016年5月1日
熊本市西区
NPO法人 がんばりよるよ星野村さんがマッチングしたお宅へ。
・落ちた瓦の撤去、清掃
・家財の運びだし
参加者:ひこ、梶原夫妻、森山先生(しーちゃんの同僚)、こじ

2016年5月5日
熊本市南区
ひこさんのお友達のお宅
・落ちた瓦の撤去
・500Lが入った状態で倒れた温水器を起こす
・屋根のブルーシートの紐のかけかえ
ご近所の
・崩れたブロック塀の撤去×2軒
参加者:ひこ、梶原夫妻、森山先生(しーちゃんの同僚)、こじ

2016年5月8日
熊本市南区
ひこさんのお友達のお宅のご近所3軒
・落ちた瓦の撤去
・崩れたブロック塀の撤去
・瓦の分別作業
参加者:あび、モーリー、梶原夫妻、森山先生(しーちゃんの同僚)、佐々木さん(のんちゃんのお友達)、こじ

以上です。
 

熊本大分地震スコップ

 投稿者:新後藍子  投稿日:2016年 4月22日(金)17時03分43秒
返信・引用 編集済
  スコップ団の皆様へ


今回の地震に伴い各地ボランティアセンターが動き出したこともあり、スコップ団でも動きます。

行先は、皆の友人知人がいればそこにと思っていたところ、仲間内の友達が被災していてお片付けが大変だということでそこに向いたいと思います。

ちなみに私も明日朝福岡に戻ります。(ゴールデンウィークにハニームーン[ぐふふ]でシンガポールに行くのでこんな状況だし家族に会っとくか…ということもあり)

以下が詳細です。

・23(土)参加:モーリー・こじー・ひこさん・あびるさん4名
・24(日)参加:モーリー・こじー・にいご・柴兄・しーちゃん・しーちゃんの同僚・石松[新後の後輩]の7名です。
・行先は熊本市南区富合町
・福岡-熊本通常90分が今5時間以上かかる状況&週末熊本に人が押し寄せることも予想され、渋滞の元になることも避けて熊本まで電車で移動します。(鹿児島本線普通)
・とはいえ各日1名だけ車で行きます。(片づけたものや道具の運搬などに使えるだろう&万一の保険)

行って実際にみたら様子がわかると思いますのでひとまず、安全第一でいってきます。


土曜の活動には私は間に合わないので、さっちんと一緒に福岡市が支援物資をわけてくれるそうなのでわけてもらい、星野村に補給しに行こうと思っています。星野の山口さんここ1週間ずっと熊本市池田の小学校とディケアセンターに水と物資を運んでいますが、まだ池田地区は水が出る出ないがマチマチで特にデイケアセンターでは(営利団体だからかな…)支援がいきわたってなく足りないとのことです。


ひとまず状況は以上です。
言い出せてなかったけど知り合いが困ってる…などありましたらご連絡ください。

参加の皆様はお気をつけてご安全に。

参加でない方は無事のお祈りを何卒よろしくお願い致します。
 

レンタル掲示板
/34