teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 催し物詳細(2)
  2. 教員の設定(0)
  3. 常連設定集(0)
  4. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


厘桐と悪鬼の魔城

 投稿者:時の監視者  投稿日:2011年 9月24日(土)23時04分4秒
返信・引用
  厘桐の魔術により城に居る生徒達、しかし無論全てが学園に居たわけではない
バッチ監視者の「ジョーカー・忍空・鴉・周崎」も又しかり、城には来ていない

城の周辺には瘴気があり城から出た生徒は瞬く間に消えていった
その中にはバッチ管理者のシェルクと異斬も含まれている上
シェルクと異斬は探索のため探知系能力者と戦闘に長けた者を連れて行ったため
城にはわずかばかりの戦闘員と非戦闘員等しか残っていない
さぁ、生徒等の取った行動は..........?

城見取り図

1F
大きな円形ホールに四つの扉、右から順に
1、古び、錆びた武器のみ置かれた武器倉庫
2、スデに何者かに荒らされ何も残されていない食料庫
3、貴族の物と思われる宝物庫、勿論鍵は壊れており中は空だ
4、宝石があしらわれた豪華な鎧、ただし実用性は無い

そして2・3の扉が挟むように階段が設置してあり上階へ上がれる

2F
階段を上がると左右に廊下が伸びている、窓は付けられているが瘴気により何も見えない
突き当たりまでただひたすら小部屋が用意されており
どうやら寝れるだけの清潔さは保たれている模様

そして左右の突き当たりは直角に同じ方角へ道が続いており
同じ間隔で階段側の壁に扉がある
どうやら曲がった先の通路のドアは全て同じ大きな部屋に繋がっている
組み手・射撃練習等訓練に用いられる道具が揃っている、銃は勿論ゴム弾だ
そして突き当たりに付くと丁度□の形に道が繋がる
そして又一つ、階段が城の内側へ伸びるように設置されていた

3F
暗闇、何処までもある闇、漆黒
探索系科学兵器も能力も狂う特殊な磁場が発生している
ココに踏み入れたバッチ管理者で構成された
「スペード・雪風・斬波・鳴守・綺諜・紀元」
攻守探索察知全てに疎通したメンバーも又、帰る事は無かった

これが城の見取り図、そして状況
戦力を奪われ、逃げる事も適わない
更にバッチ監視者が消えた頃から始まった悪鬼と厘桐の襲撃
不可解な事ばかりのこの城で、どう生き残る
 
 

―第一章―~始動~

 投稿者:時の監視者  投稿日:2011年 9月24日(土)20時45分12秒
返信・引用
  平和な時間、皆笑い合い楽しげな日々を送っていた

   しかしそれは長く続く物では無かった
  懲罰室から出てきた「悪鬼」の突然な襲撃
 その力に挑む生徒だったが悪鬼の力は凄まじく
   やっとの事を追い詰めたと思われたが

    突如援軍の登場そして魔術の発動
――――生徒達には成すすべが無かった――――

そして気付けば皆とある城の中に居るのであった
 

―序章―

 投稿者:時の監視者  投稿日:2011年 8月17日(水)03時19分52秒
返信・引用 編集済
  ・・・そこには学園を中心に町が出来ていた・・・
妖怪と人間、それぞれ協力し、助け合い生きていた
しかし、とある事件をきっかけに妖怪と人間は決別
した

    そう、人間が妖怪を殺したのだ

スグ様その人間は実刑で裁かれたが妖怪は納得せず
―――――――――戦争が勃発―――――――――

両者共力を尽くし、殺し合う・・・だが決着付かず
        協定が定められた
「週に一度、総力戦を行う、勝者は敗者に3つの
 命令を下そうと裁かれる事は無いであろう」

そして今、妖怪と人間の血にまみれた戦いが始まる
 

初説明

 投稿者:無題  投稿日:2011年 8月16日(火)22時03分57秒
返信・引用 編集済
  〔ランク説明〕
ランクはC→B→A→S→Zの順に振り分けられます。
それぞれに各階級が書かれたバッチを渡しますので。
階級ごとに絶対服従。
つまり上のランクの人には逆らえないということです。
(※強制の交際、能力授与などは不可能です)
ただし戦闘の勝敗によってバッチが交換されます。
バッチ交換戦、つまりランク戦ですがランク戦の条件は一対一が原則です。
あとはバッチ管理者に「――とランク戦をしたい。」と
申し込んで受理されることも条件とします。
それ以外はただの戦闘、という扱いになります。
バッチ管理者に受理されなかった場合やバッチ管理者が不在の場合での戦闘、
戦闘無しでの交換、奪い取り、殺害、急襲での勝利で得たバッチなども無効です。
あくまで相手に戦闘で降参させて、相手自身にバッチを持ってこさせて
自分のバッチと交換して下さい。その場合のみ有効です。
負けた時点で階級は逆転とし、絶対服従ですので
勝者の「バッチを持ってこい」という指示には従って下さい。
逃走や、バッチ交換拒否をした場合は懲罰対象としてバッチ管理者が罰します。
あと戦闘の申し込みは一つ上のランクしか出来ません。
つまりCランク保持者ならBランク保持者にしか戦闘を挑めないということです。
Cランク:牛乳パックのバッチ←
Bランク:プラスチックのバッチ
Aランク:銅のバッチ(3名)
Sランク:銀のバッチ(2名)
Zランク:金のバッチ(1名)
※管理人は中立としてバッチ管理者のポジションです。
常連のランク保持者は掲示板に載せた設定にランクも記載して下さい。

〔学園内戦闘可能区域〕
人間、ハーフ、妖怪の寮は別ですが学園は同じです。
ですが学園内での種族間の戦闘は
『二階:大型闘技場』以外禁止します。
これを破った場合は罰を実行します。

〔総力戦説明〕
参加条件は週3で出席している常連のみです。
もちろん、バッチの交換も行います。
ただし敗者は勝者の言うことを3つ聞いて下さい。
実行しない場合は一生能力使用不可にさせて頂きます。
(※階級服従のときと同様、強制交際、能力授与など禁止です)
ハーフの方はどちらか好きな方へついてもらいます。

〔寮長/組織リーダー〕
各寮長、組織リーダーはその時に一番高いランクを持っている人が
寮長兼リーダーです。ランク戦のたびに入れ替わる、ということになります。

〔六階:監視室〕
この監視室は喧嘩が行われていないかを監視する部屋ですが
バッチ管理者しか入れないようになっています。
化学力と妖力無効化、異能無効化を結集させて防御を行っていますので
異能や兵器、妖力を使った進入または破壊は不可能です。
監視カメラの操作、破壊も同様に不可能です。

〔地下一階:牢屋/懲罰室〕
これも監視室同様バッチ管理者しか入れないようになっています。
進入・破壊も同様に不可能です。

〔三種族が所持する能力、武器〕
妖怪:その妖怪にちなんだ能力であることを強制します。
   しかし化学兵器の使用は禁止します。あくまで妖力を使った異能使用を。
   武器の所持は許可します。
人間:武器や身体に異能を付加する能力であることを強制します。
   ただし相手に異能で直接攻撃をする能力で無ければ
   武器や身体に付加する能力以外を所持しても構いません。
   化学兵器は何を使用しても許可します。
混血:妖怪か人間かどちら寄りのハーフなのかを決めて下さい。
   能力は血が濃い種族側の規定に沿って所持してもらいます。


 

レンタル掲示板
/1